新年度が始まって1週間。新しい教室には慣れましたか?

2019/04/16 ブログ
ロゴ

人によっては「新しい校舎には」「新しい通学路には」なんていう質問にしたほうがぴったりくる人もいるかもしれませんね。

この時期、学校の先生たちも、実はいろいろ「新しいこと」に遭遇していてワタワタしています。

もちろん、クラス替え。新しく担任を持つ先生もいるでしょうし、今までとは全然関係ない学年を受け持つ先生もいるでしょう。新しいクラス名簿とクラス写真を前にうんうんうなっていたかもしれません。

担任を持ってなくても、教えている教科科目で教科書の内容が新しくなっていたり、そもそも、新しい科目を教えることになったり。

今まで生徒指導で服装指導とか交通指導とかやっていたのが今年になって進路指導をすることになったとか。

先生たちも、新しく覚えなきゃいけないこと、学ばなきゃいけないことが山積みです。

 

そしてそれはもちろん、生徒の皆さんも。

例えば小学生中学生なら、始業式の日、新しい教室の机の上に置かれた大量の新学年の教科書に圧倒されていたかもしれません。

高校生のみんななら、教科書販売店で「〇〇高校〇〇科の〇年で、選択科目は理科が〇〇、地歴公民が〇〇」ってな感じの用紙を提出して、持って帰るときの袋の重みで、いい筋トレになったのではないでしょうか。

「本当にこれだけの量、勉強できるのか??」と不安になっているのではないでしょうか。

そんな人は、ちょっと思い出してください。

おそらく去年の今頃も、同じようなことを感じていたはず。

大量の教科書を前に「大丈夫なのか?」と思っていたはず。

そして今。大丈夫だったはず。ちゃんと、去年の教科書は学び終えたはず。

ならば大丈夫。あなたはちゃんと成長している。

新しい教科書も、ちゃんと攻略できる。

 

個別指導Axis徳山校は、そんなあなたのお手伝いをしたいと考えます。

学びに困ったとき、躓いたとき。

個別指導Axis徳山校に、どうぞお気軽に相談に来てください。